みんな素晴らしいコスチュームで来てくれました。みんなでゲーム、トリックorトリート、そしてみんなが楽しみにしていたお化け屋敷!とても楽しい時間でした。 また来年も!!.

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 アメリカ英語 のみです。 For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Tsuyoshi to america-01

One of our students, a concert pianist from Sapporo, is heading to The U.S. to study music for a year.  He is one of four students leaving to study in The United States this year. We are so proud of him! We can`t wait to hear all his stories and his new English when he gets back. Have a great experience in America!

Studying in America, Y
Good luck on your American Adventure!

生徒の一人が10ヶ月間の留学の為アメリカへ旅立ちました。彼女は今年アメリカに留学する生徒4人の中で最初の旅立ちをしました。私たちは彼女のことを誇りに思います。アメリカでの生活を楽しみ、たくさんの経験を積んで欲しいと思っています。帰ってきた時のお土産話が今から楽しみです!!

 

 

 

 

1237883_54023528-517x344(note: 最高得点が30点とされているスピーキングテストですが、英語圏にに住んでいる人以外では23点位が高得点と言われています。)

多くの人が思われているように、TOEFLのSpeakingセクションは日本人にとって高得点を取るのが最も難しいセクションだと思います。日本の学校教育ではスピーキング力をつける機会があまりないため、限られた時間内にスピーキング力をアピールすることが求められるTOEFLのSpeakingセクションには、学校教育とは別の特別な対策が必要だと思います。私は、Fantastic Englishの英会話レッスンを受け、幸いにもSpeakingセクションで27点を取ることができました。高得点につながった理由を自分なりに考えてみると、(1)発音、(2)イントネーション、そして(3)話すスピードが重要であったように思います。発音とイントネーションについてはネイティブのようでなくてもいいと言う人もいますが、私自身の経験や周りの友人の話からすると、やはり発音とイントネーションが良いと高得点につながるように思います。Fantastic Englishの英会話レッスンは、私の発音とイントネーションをネイティブに近いものにしてくれました。また、話すスピートについてはFantastic EnglishとTOEFLのSpeakingセクションの練習を繰り返しすることで、テスト本番でも落ち着いてしっかりと話せるようになりました。TOEFLのSpeaking対策にFantastic Englishのレッスンをお勧めします!

Yukie N. (Fantastic Englishの生徒)

どうやって生徒達に単数名詞の前に”a”をつけるのを忘れさせないようにさたか?彼らが毎週行なう事をもっと自然に、快適にさせるよう仕向けたのです。カレンダーブックに色を塗るとき彼らはクレヨンを貸してください。と頼まなくてはいけません。

日本語では一つでも複数でもクレヨンはクレヨン。数を最初からはっきり言う習慣が無い私たちにとっては慣れるまでが大変です。多くの日本人が間違えたり忘れてしまう部分です。

英語は簡単ではありませんが、もっと細かい情報まで伝えることができます。

a/an the in class.
a/an the in class.

単数名詞の前には a/an のどちらかが付きます。I have a yellow crayon. Can I have an orange crayon, please?

複数前には____ s(後ろに s)が付きます。I have 2 yellow crayons. May I have 2 orange crayons, please?

一つに満たないものにはどちらも付きません。Oh no! I have red crayon on my shirt.

そこで、生徒がクレヨンを借りるとき a を付け忘れて“Can I have red crayon, please?” と言った場合、彼らは小さく砕かれたクレヨンを使わなくてはいけません。もちろん手が汚れてしまうので、今度は “May I have “a” tissue, please?” ティッシュを(1枚)くださいと言わなくてはいけなくなります。

 

How did we get our students used to using “a” before a singularsingular
➤ (n) the form of a word that is used to denote a singleton
➤ (s) unusual or striking
➤ (s) beyond or deviating from the usual or expected
➤ (s) being a single and separate person or thing
➤ (a) composed of one member, set, or kind
➤ (a) grammatical number category referring to a single item or unit
➤ (s) the single one of its kind
…by BeeDictionary.com
countable noun? Make it necessary for them to complete their weekly task more comfortably. When they color the day in their calendar books they have to ask, “May/Can I have a red crayon, please?”

Getting used to using “a” or “an” before a singularsingular
➤ (n) the form of a word that is used to denote a singleton
➤ (s) unusual or striking
➤ (s) beyond or deviating from the usual or expected
➤ (s) being a single and separate person or thing
➤ (a) composed of one member, set, or kind
➤ (a) grammatical number category referring to a single item or unit
➤ (s) the single one of its kind
…by BeeDictionary.com
noun in English is something Japanese students have trouble doing. The concept doesn`t exist in Japanese. In Japanese one, more than one, or part of one crayon would all be called クレヨン. (ku re yo n)

In English things are not so easy, but they more precise.

one – use a/an; a crayon. a blue crayon, a pink crayon, an orange crayon, etc.
I have a yellow crayon. Can I have an orange crayon, please?

more than one – use ____ s; crayons, 2 blue crayons, various crayons.
I have 2 yellow crayons. May I have 2 orange crayons, please?

less than one, part of one – no a/an, no ___s; crayon.
Oh no! I have red crayon on my shirt.

So, when we color the date in our calendar books and a student asks “Can I have red crayon, please?” they get a piece of red crayon. Then they have to ask for “a tissue.” They remember pretty quickly to use a / an.

 

 

発音を変えれば通じると思いそうな気がしますが、間違ってます!
それぞれの単語としては間違いなく英語なのですが、これらは日本人が考えた英語です。

フライドポテト 英語では – French fries / chips (UK)
I always get French fries with a burger.

ガソリンスタンド 英語では – a gas station / a petrol station (UK)
I need gas. Where is a gas station?

ノートパソコン 英語では – a laptop (computer)
Do you have Wifi? I brought my laptop.

コンセント 英語では – a (wall) socket
Plug the laptop into the wall socket to recharge the battery.

オーダーメイド 英語では – made to order / custom-made
I bought a custom-made suite for the wedding.
 
 

katakana-mansion

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション 英語では – a condominium 分譲 / an apartment 借りてる場合
I just bought a condominium. I can move out of my apartment now.
 

 

 

 

Google Map of 北海道札幌市中央区南9条西20丁目1番38号